協会の沿革

大正12年(1923年)7月
新潟市に方面委員(現在の民生児童委員)制度施行、5方面定員15名
大正13年(1924年)8月
方面委員活動の助成を主目的に、有志及び方面委員が「新潟市方面委員後援会」を組織
昭和3年(1928年)3月
方面委員や篤志家の純粋な隣人愛・同胞愛に基づき、会員組織とし「新潟市社会事業助成会」として発足
昭和 6年(1931年)6月
「有明松風園」(現在の信楽園病院)を設立、結核患者の収容に当たる
昭和 7年(1932年)4月
新潟市古町13番町に民家を借り入れ、「隣保館」を設立、県下初のセツルメント事業開始
昭和 8年(1933年)7月
4代高橋助七氏私財を投じて市内田中町に「新潟隣保館」を新築助成会に寄付。セツルメント事業を新潟隣保館に移転
昭和 9年(1934年)8月
「山ノ下保育所」を新築、新潟市に貸与
昭和10年2月
財団法人認可
昭和17年1月
愛国婦人会新潟県支部から「新潟保育園」を継承し、保育事業を開始
昭和19年7月
新潟隣保館に保育所を併設(現在の「隣保館保育園」)
昭和24年12月
新潟市同胞援護会事業を吸収(3月)し、「財団法人新潟市社会事業協会」と改称。新潟育児院から学校町保育園を継承「富山保育園」と改称、経営に当たる
昭和25年3月
山ノ下保育所を新潟市に寄付
昭和27年2月
5代高橋助七氏新潟保育園内現敷地の約3分の2の土地を協会に寄付
昭和34年4月
社会福祉法人認可
昭和42年9月
県下初の「特別養護老人ホーム松風園」設置
昭和43年3月
富山保育園を閉鎖、園舎を新潟市に寄付
昭和43年10月
病院の名称を現在の「信楽園病院」に変更
昭和55年4月
県下初の「児童厚生施設有明児童センター」設置
昭和56年5月
「社会福祉施設有明福祉会館」設置
昭和57年4月
「東小針保育園」設置
平成元年4月
「特別養護老人ホーム有明園」を社会福祉法人新潟市有明福祉事業協会より移管
平成 2年4月
県下初の「在宅障害者デイサービス事業」を開始(平成15年4月1日身体障害者福祉センター事業に改称、平成31年4月1日より有明福祉会館が自己の事業の一部として承継)
平成 4年3月
「老人介護支援センター有明園」設置
平成 4年4月
「老人デイサービスセンター有明園」設置
平成 5年4月
「有明訪問看護ステーション」設置(平成18年4月「信楽園訪問看護ステーション」に改称)
平成 7年10月
「特別養護老人ホーム松風園」老朽化のため赤塚地区に移転新築、併せて「老人デイサービスセンター松風園」・「老人介護支援センター松風園」新設
平成 9年6月
「信楽園西川診療所」設置(平成18年3月閉所)
平成 9年8月
「老人デイサービスセンター鏡淵」設置
平成12年4月
「介護老人保健施設あかつか苑」・「信楽園あかつか診療所」・「有明訪問看護ステーションあかつか(サテライト)」設置(平成18年3月サテライト閉所)
平成18年4月
「新潟市地域包括支援センター赤塚」の受託経営
平成18年5月
「信楽園病院」新通地区に移転新築及び「信楽園病院附属有明診療所」設置
平成19年1月
「信楽園病院附属有明診療所」新築
平成26年1月
「特別養護老人ホーム有明園」老朽化のため移転新築
平成29年3月
老朽化のため「隣保館保育園」を現在地に移転新築
平成31年4月
「隣保館保育園」・「新潟保育園」・「東小針保育園」を幼保連携型認定こども園へ移行、それぞれ「隣保館認定こども園」・「新潟認定こども園」・「東小針認定こども園」と改称